ととのうみすと,そばかす

ととのうみすとはそばかすには効果なし!その理由は?

ととのうみすと そばかす

ととのうみすとは毛穴の黒ずみやメイクの洗い残しをごっそりと落としてくれるので、多くの方が高い評価をしています。

 

ですが、ととのうみすとはすべてのお肌の状態を改善してくれる万能薬ではありません。

 

対応ができないお肌の状態もあります。

 

代表的なものでいえば、ととのうみすとはそばかすの状態を綺麗にすることはできないです。

 

そばかすはシミの一種ですが、シミというのは色素が沈着してできる斑点で、その原因は遺伝であったり、紫外線やホルモンバランスの乱れなどが主な原因とされているのですね。

 

なので治療するためにはメラニン色素の生成と沈着を押さえてくれるビタミンCだったり、皮膚の血行を改善するビタミンEなどを含んだ美容品を使用したり、レーザー治療をする方法でないときれいにすることはできません。

 

ととのうみすとはあくまでも毛穴に詰まったボツボツや黒ずみ汚れを綺麗にするものなので、ととのうみすとを使ってもそばかすはきれいにはならないのですよ。

 

評判が高いですし、実際に効果を実感されている方も多いので万能なイメージを持っている方もいますが、自分のお肌の状態にはどの化粧品や美容品が合っているのかをしっかりと確かめてから使うようにしましょうね。

そばかすは予防が大事!

ととのうみすとではそばかすを綺麗にすることはできませんので他の方法をおすすめしますが、そばかすは治すよりも予防することが大事になります。

 

紫外線が主な原因として挙げられていますが、太陽の光に直接当たらないように日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗るなどしてしっかりと予防をすることがまずは大事ですよ。

 

その上で皮膚科の先生に症状を診てもらって適切な対策をしてもらうのがいいでしょう。

 

紫外線と聞くと夏の暑い日差しをイメージしますが、紫外線は一年中あるものなので、シミやそばかすができやすい人は外に出るときは何らかの対策をするようにしてくださいね。

 

ただ、考え方を変えてみるのも一つの方法だと思いますよ。

 

そばかすはシミではありますが、病気ではありません。

 

遺伝が関係している部分もありますし、生まれつきそばかすになりやすい体質の方もいます。

 

思春期の頃は気になったりするものですが、そばかすがあるから可愛く見える人もいますよね。

 

人と違うから嫌と考えるのなら皮膚科の先生に相談するのもいいと思いますし、個性ととらえるのならそのままの状態でもいいと思います。

 

そばかすには効果のないととのうみすとですが、お肌をきれいにするのにはおすすめできますから、気になっているのなら使って使用感を確かめてみるのがいいでしょう。